久々にKSRをメンテナンス

メンテナンススタンドを入手したので、強風の中日曜日に傷んだリヤスプロケとチェーンを交換しました。
やっぱメンテスタンドがあると全然作業性が違いますね(^^;)
ずーっとバイクが真っ直ぐ立っててくれるのがこんなに作業しやすいとは。
ちなみにリヤスプロケは見た目がシンプルなSUNSTAR製40T。
本当は耐久性重視でAFAMのスチール製43Tが欲しかったんだけど、
残念ながら納期未定&生産予定なしってことでこちらになりました。
お決まりの新旧スプロケ比較画像を改めて見ると…
 
こりゃ酷いですねぇ(-_-;)
本当はもっと早い段階で交換しないと…
しっかしジュラルミンは軽いなぁ。
減りが早いのが難点ですけどね。
ステンモデルが出てくれるといいんですが無理だろうなぁ…
チェーンはちょっと奮発したRK EXCELのGP420MRUっていうUリングチェーン。

420サイズのチェーンとしては最高の耐久性らしいです。
これでチェーン調整の間隔を少しでも延ばせるといいんですが…
チェーンカッターはSP TAKEGAWAのやっすいチェーンカッターを使いましたが問題無くOK。

作業ついでに寒くなってきたし通勤中の安全マージンを見越してメインジェットを5番手上げたんですが、
その最中に強風でカウルは飛んでくしキャブの内部パーツがバラバラに飛んでいったりと
最悪は走行不能状態になる寸前でした…
這いつくばって30分近くかかってやっとフロートを留めるピンを発見した時には泣きそうでしたよ(苦笑)
あんな風が強い日に作業をするのは良くないですね((((^^;)
作業後は走りもスムーズになったしとってもいい感じです。
やっぱメンテは小まめにキッチリやらないとダメですね。
俺はタイヤの件と言い、原チャリを甘く見過ぎてますねw

Similar Posts:

    関連記事がありません。

コメントを残す