自転車購入記

そもそも自転車を購入しようと思い立った理由。
それは人生最大級に膨れ上がった体重です(笑)
特にお腹の肉がヤバイ!
つぅことでかなりの危機感を抱いてきていたので
30を目前にして久しぶりの自転車通勤をすることにしました。

最初はまたママチャリでいいかとも思ったんですがネットで自転車について調べていると、
どうやら最近は小径車や折り畳みが流行っていることがわかってきて、
「確かに折り畳みなら車に積んでって出先でも乗ったりできるなぁ」
などと考えて心が段々と折り畳み自転車にシフトしていきました。
ですが1~2万円程度で売っているのはあまり良くないみたいで、
もともと一点豪華主義の性格なので段々と高い物に目が移ってきました。

それでも最初はDAHONのSPEED P8等、5万円前後のものにしようと思っていたのですが、
LOUIS GARNEAUのJEDIというのに一目惚れ。
ですが価格は10万円超!
安い店でも8~9万円していて「キツイなぁ」って感じ。
しかも2005年モデルは来年2月にならないと入荷しないらしく、2004年モデルもほとんどの店で売り切れ。
2003年モデルを在庫処分価格で売ってるトコがあったのですが、色がソリッドな赤で「うーん…」って感じ。

平行して気になっていたR&MのBD-1は8万円前後の価格ですが
どの店も即納状態だしOEM(PEUGEOTのPACIFICやBIANCHIのFRETTA)も含めると
色もかなりの選択肢があり、段々とこちらに傾いてきました。

それでもやはり「折り畳みに10万弱って…」という心もあったのですが、
どうもDAHONの自転車は形が好きになれなくて…
あと、JEDIは専用のドロヨケが無い(汎用品加工になる)のが
通勤に使うことを考えてる私にはかなりのマイナスポイント。
BD-1(及びそのOEM)かJEDIかSPEED P8か…
この3車種で2週間くらい悩みました。

やはり実車も見てみないと何とも言えないので
新宿の東急ハンズや大きな自転車屋を何軒か回ってみると
JEDIはかなり格好いいことがわかり、やはり本命だということを再確認。
BIANCHIは自転車小僧だった時に憧れだったブランドだったってのが大きく、
(実際はBD-1のOEMでしかも台湾製なのでBIANCHIは全くのブランドのみなんですが)
しかも2004年モデルまでのFRETTAは7速だったのですが、
2005年モデルからは8速のFRETTA-Tとなっていることもわかり、
色も凄く綺麗なので2番手候補へ。

今年が自転車のブランドとしては最後のPEUGEOTのPACIFIC18にも惹かれたのですが、
どうも乗ってる人がソコソコいそうなので天邪鬼な私は外しました。
ほぼ同性能なのに価格面で不利なBD-1は候補から落ちました。
価格面で一番有利なSPEED P8もやはり違う感じがしてここで候補落ち。
JEDIとFRETTA-Tの一騎討ちです。

「Webにあった店に電話してみて、まだ残ってたらJEDI、無いならFRETTA-Tにしよう」
と心に決めて電話してみると、何とまだ在庫あり!
その場でドロヨケのことを忘れて注文してしまいました (^^;)
「メールを送ってくれれば振込先や正確な金額をお知らせします」
とのことだったのですぐにメールを送ったのですが
なかなか返事が返ってきません。
「忙しいのかな?」
と思いつつもFRETTA-Tのことを色々尋ねていた店との対応の違いに段々イライラしてきて、
しかも電話を切ってすぐ(10時30分くらい)にメールを送ったのに返信が来たのは14時53分 ヽ(`Д´)ノ
慌てて銀行に行ってももう当日中の振込みは間に合いません。
しかも次の日はその店が定休日とのことで発送は最短でも3日後になりそう。

つぅことで、
1.週末の計画に間に合わないかもしれない
2.赤がソリッドな赤でちょっと俺には似合わないっぽい
3.やっぱりドロヨケがつかないのはカナリ痛い
4.ヘタしたらサイドスタンドも付かないかも(要加工)
という理由でキャンセルしてしまいました ヘ(゚∀゚ヘ)

そしてすぐさま金澤輪業へメールしてFRETTA-Tを発注。
色は最後まで「BIANCHIならチェレステかなぁ」と悩んだのですが、
ネイビー(グラデーション)の綺麗さに負けてネイビーに決定。
というのが今回の自転車の購入記です。

上に書いた金澤輪業さん、ホント自転車が安いです。
色々調べましたがココより安い店は無いといってもいいじゃないでしょうか?
(在庫処分等の特価品を除く)
問い合わせに対するレスポンスも早いし、いい店だと思います。
自転車を探してる方は一度HPを覗いてみてはいかがでしょう!?

※金澤輪業さんは現在はマニアックな自転車やカーボンパーツの販売が主となったようです。
 残念。

Similar Posts:

コメントを残す