ハードディスク入れ替え

ハードディスクにセクタエラーが発生してしていたようで落ちまくっていたので、
TSUKUMO町田店でハードディスクを買ってきてサーバを入れ替えました。

4/11&4/12限定特価でHGSTのDeskstar P7K500(HDP725050GLA360)が7,979円でした♪
500GBのハードディスクがこの値段ですからねぇ。
最近の低価格化にはビックリです。
ついでに10年近く使っていたボロボロのケースも、型落ちのAntec NSK2400のメーカー再生品に変更。
ほぼ新品に見えるモノが7,980円だったので、こちらもまぁまぁ安く買えたのかな。
見た目はAV機器みたいで格好いいんですが、これに合うドライブのベゼルってあんまり無いよなぁ…
500GBのハードディスクはクライアントマシンのデータ用にして、
今まで使っていたSeagateの300GBのをサーバ用に。
ところがサーバに使っていた電源はちょっと古いのでSATA用の電源コネクタが無くて… orz
一通り組み替えてから慌ててPC DEPOTでATA>SATA電源変換コネクタを購入。
これで大丈夫だと思ったら、SATA接続したハードディスクがBios上では認識されるのに、
何故かCentOSからは見えない状態に…
これって既知の不具合なのかなぁ。
試しにFedora8にしてみたら見えたので、またまたFedora8で運用することになりました。
とりあえずはある程度復旧したっぽいので、これでしばらく運用してみます。
NSK2400はちょっとウルサいけど、電源とマザー・ハードディスクが別室構造になっててなかなかいいですよ~

Similar Posts:

    関連記事がありません。

コメントを残す