Intel Thermal Analysis Tool

TAT
Intel CPU向けの温度測定&負荷かけができるソフトです。
Intel純正ソフトなんですかね。
http://www.cooling-station.net/downloads/systemmonitoring/27/
ウチのクライアントPCを測定したらアイドル時で58℃前後、
負荷を100%かけると驚きの80℃オーバーでした ( ̄□ ̄;)
Core2マシンはリテールのクーラーでも冷えるって話だったんだけどなぁ…
マシンの廃熱の問題かしら。
良くわからないけどとりあえずこれを機会にCPUクーラーとケースファンを交換。
CPUクーラーは冷えと静音性で評判良さげなSCYTHEのANDY SAMURAI MASTERに。
ANDY SAMURAI MASTER
ケースファンは静音性&価格重視でKAMAFLOWの1000rpmのヤツ。
ウチのマシンはMicroATXマシンなんでSAMURAI MASTERへの換装にはとっ~ても苦労(※)しましたが、
交換後はアイドル時28℃、100%の負荷掛けで45℃くらいと劇的な変化。
ファンが埃まみれだった影響が多大にあると思いますが、
マシンが静かになったしとっても効果的でした。
あんまりお金を使わずにここまで効果が出ると嬉しいですね。
満足満足♪

マザーはMicroATXのASUS P5B-VMなんですが、SAMURAI MASTERはちゃんと付きます。
ただしスペースの問題でマザーボードを外してからやった方がいいと思います。
不器用な私にはマザーを外さないと交換できませんでした…
あと、せっかくケースについていたパッシブダクトは外す羽目になりました。

NURO
views 161
おっそ!! なーにが世界最速だよ... auひかりが一番安定していて良かったな。
NUROに乗換え
views 213
au光からnuroに乗り換えてみました。 残念ながら1Gbps超えはならず。 でも少しだけ早くなったかな。 でもなんか引っかかるような挙動の時があるんだよな... 終端装置兼ルーターがZTE製で、初めて見る機械だったので設定がわからなくて、20分ほどこちらも参照不可になってました。 ...
キーボード修理
views 244
自宅ではThinkPadのUSBキーボード(SK-8855)を使っているのですが、一部のキーがおかしくなってしまいました。 使えないことはないので騙し騙し使っていたのですが、同じものはもう買えないしどうにかならないか調べていたところ、どうもT400Sのキーボードをそのまま使っているらしいという情報...

『Intel Thermal Analysis Tool』へのコメント

  1. 名前:Kuni 投稿日:2008/02/22(金) 05:06:51 ID:081acecac 返信

    静音なら水冷を試して欲しかったな・・・

    参考にしたかったので^^

  2. 名前:たけいけた 投稿日:2008/02/22(金) 05:11:42 ID:97f92f171 返信

    水冷?
    オーバークロックするわけでもないし必要無いっしょ。
    コストパフォーマンス悪すぎますよ。

    どうせならペルチェかな ( ̄ー ̄)

    つぅかクライアントPCは静かになったけど、
    ありあわせのモノで組んだサーバーが五月蝿いですよ(笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

hello