ubuntu ServerでDDNS(DYNDNS)を自動更新

どうもルーターのDDNS自動更新機能が上手く働いてないみたいで見れない時間帯が非常に長いので
自動更新Scriptをインストールして更新をかけにいくことにしました。
Scriptはddclientを使うことにしたのはaptで簡単にインストール出来そうだったから。
以下にインストール及び設定内容を書いておきます(まぁ備忘録ですわ)

DDNS更新プログラムのddclientをapt-getでインストールします。

# apt-get install ddclient
パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています… 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
ddclient
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
44.6kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に追加で 258kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://archive.ubuntu.com dapper/universe ddclient 3.6.2-6ubuntu1 [44.6kB]
44.6kB を 2s で取得しました (22.1kB/s)
パッケージを事前設定しています …

そうすると勝手にインストーラ?が立ち上がるので、設定値を入力していきます。

Ubuntu の設定
Dynamic DNS サービスプロバイダ:
www.dyndns.org
www.easydns.com
www.dslreports.com
www.zoneedit.com

私の場合はwww.dyndns.orgを選択

その他Ubuntu の設定
ddclient を設定しています
あなたのホストの完全修飾ドメイン名のリストを入力してください
(もし 1 ホストのみなら “myname.dyndns.org”、
2 ホストなら “myname1.dyndns.org,myname2.dyndns.org” など )。
DynDNS の完全修飾ドメイン名:

サーバーのFQDNを設定 → ウチだと[keta.mydns.jp]

ddclient を設定しています
Dynamic DNS サービスのログインに使うユーザ名を入力してください。
Dynamic DNS サービスのユーザ名:

DYNDNSに登録したユーザ名を入力 → [username]

Ubuntu の設定
ddclient を設定しています
Dynamic DNS サービスのログインに使うパスワードを入力してください。
Dynamic DNS サービスのパスワード:

DYNDNSに登録したユーザ名に対するパスワードを入力 → [password]

Ubuntu の設定
ddclient を設定しています
Dynamic DNS サービスに使うインターフェイスを入力してください。
Dynamic DNS サービスに使うインターフェイス:

ここではとりあえずLinuxのLANポートを設定 → [eth0]

未選択パッケージ ddclient を選択しています。
(データベースを読み込んでいます… 現在 107244 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(…/ddclient_3.6.2-6ubuntu1_all.deb から) ddclient を展開しています…
ddclient (3.6.2-6ubuntu1) を設定しています …
* Starting dynamic DNS service update utility…
…done.

これでとりあえずインストールは完了です。
でもこれだとちょっと設定が足りないのでConfigファイルを修正します。

# vi /etc/ddclient.conf
# Configuration file for ddclient generated by debconf
#
# /etc/ddclient.conf
daemon=300             #追加 デーモンの起動間隔を設定(秒)
pid=/var/run/ddclient.pid
protocol=dyndns2
use=if, if=eth0
use=web                #追加 WEBからグローバルIPを取得
server=members.dyndns.org
login=username
password=’password’
keta.mydns.jp
~
~
~
~
“/etc/ddclient.conf” 13L, 326C 書込み

これでとりあえずOK!
実際にIPアドレスを取得して更新できるか下記のコマンドでチェックします。

# ddclient -daemon=0 -verbose -noquiet
CONNECT: checkip.dyndns.org
CONNECTED:
SENDING: GET / HTTP/1.0
SENDING: Host: checkip.dyndns.org
SENDING: User-Agent: ddclient/3.6.2
SENDING: Connection: close
SENDING:
RECEIVE: HTTP/1.1 200 OK
RECEIVE: Content-Type: text/html
RECEIVE: Server: DynDNS-CheckIP/1.0
RECEIVE: Connection: close
RECEIVE: Cache-Control: no-cache
RECEIVE: Pragma: no-cache
RECEIVE: Content-Length: 103
RECEIVE:
RECEIVE: Current IP Address: XXX.XXX.XXX.XXX
SUCCESS: keta.mydns.jp: skipped: IP address was already set to XXX.XXX.XXX.XXX.

上記のCurrent IP Address: XXX.XXX.XXX.XXXでちゃんとグローバルIPが取得できてれば設定完了です。
(上記では既にIPがセットされてるんでskipped: IP address was already set to…と出てますが。)

これで5分間隔でDYNDNSに更新をかける設定はOKの“はず”なんで、初回のみ手動で起動します。
※次回からは自動で更新がかかる“はず”です。

# /etc/init.d/ddclient start
* Starting dynamic DNS service update utility…
…done.

以上で全ての設定が完了です。

Similar Posts:

    関連記事がありません。

コメントを残す