古遠部温泉@碇ヶ関

SN3J04150001.jpg

人気の秘湯(なんか変な言葉だな…)、古遠部温泉に寄ってみました。

碇ヶ関インター方面から国道7号線を南下していき、国道282号線へ。
しばらく走ると下のような看板が出てくるので、案内の通り林道へと入っていきます。
古遠部温泉案内看板

しばらく細い林道を走ると古遠部温泉に到着です。
古遠部温泉外観
建物は昭和の田舎って感じでいっぱいです。
中学生頃にスキーに行った時に泊まった民宿って雰囲気でしょうか。

お風呂はこんな感じ。
風呂@古遠部温泉
中は鉄っぽい匂いが充満しています。
とにかく湯量は豊富で、ザンブザンブとオーバーフローしています。
床は析出物で幾何学模様になってます。

湯口
湯口付近@古遠部温泉
曇っててよくわからないと思いますが、湯量は豊富です。

温泉成分表はこんな感じ。
温泉成分表@古遠部温泉

古き良き温泉場って感じでいいですね。
誰もいないのをいいことに、お風呂に寝っ転がってオーバーフローしてくるお湯に
ヒタヒタと浸ってみたりと満喫しました。

Similar Posts:

コメントを残す