続いて2軒目

SN3J0550.jpg

坂内からも程近いところにあり、
比較的新しいお店の喜一に来てみました。

こちらも店内待ちが発生していて、10分ほどでカウンターへ。
店内@喜一

こちらがメニュー。
メニュー@喜一

1杯1,500円なんていう「喜びの一ぱい」もかなり気になったんですが、
相方が熟成しょうゆラーメンにするというので私はSioラーメンを。
Sioラーメン@喜一

スープを飲んでのファーストインパクトは「坂内!?」というもの。
でも後味がちょっと濁ってるんですよね…
食べ進んでいくと気にならなくなっていくので、とても良くできたコピーだと思います。
ただ麺がちょっと弱いかな…
喜多方あたりの麺ではなくて白河とかソッチ系に近い麺なんですが、
ちょっと柔すぎでした。

チャーシューは坂内で食べた後だとちょっと貧相に感じます。
メニューを見る限りこのチャーシューが4切れ350円もするようなのですが、高過ぎます。
「喜びの一ぱい」が1,500円するのも、ほとんどがチャーシュー代なのかな…って感じです。
それにしても1,500円はあり得ません。

ちなみにスープを飲ませてもらった熟成しょうゆラーメンは、
独特の風味といい「あべ食堂」をイメージして作っているように感じました。

味が有名店に似ていることも気になったんですが、それ以上に気になったこと。
とにかく店主(メニューに写っている人)の店員に対する態度が気に入らない店でした。
客に対してはそこそこ丁寧なんですが、店内の全員に聞こえるように店員を罵倒(しかもかなりシツコイ)する
のは、聞いててかなり気分が悪いし、接客の丁寧さも胡散臭く感じてしまいますよ。

というかそもそも店主が客の案内のみでラーメンを作らないのが納得いきませんでした。
拘りの欠片も無いんではないかと。

店は綺麗だし味としては頑張ってる(といっても真似ですが)気がしますが、
あの店主の態度・行動からあまりリピートする気が起こらない店ですね。

喜多方ラーメン 喜一 (ラーメン / 喜多方、会津豊川)
★★★☆☆ 3.0

Similar Posts:

コメントを残す