素晴らしい?

CPUクーラーをZALMAN CNPS9500 AM2に変更した途端、
SHURIKEN時代のアイドル60℃オーバー、負荷時70℃オーバー(怖くて終了)から
アイドル時40℃ちょい、負荷時60℃弱と温度は思いっきり下がりました (-_-;)
付属のファンコンで全開時と最小回転時と比べてみましたが、
温度差は2℃くらいしか出ない感じなので、回転は絞り気味でOKっぽいです。
回転を落とせば静音性も全く問題ありません。
 ※全開時はそれなりに煩いです。
嬉しいんですが、いくらなんでも下がり過ぎな気がします。
SHURIKENの取り付けを何かミスってたのかなぁ…

Similar Posts:

『素晴らしい?』へのコメント

  1. 名前:masa 投稿日:2008/10/11(土) 01:12:46 ID:f75a1a48e 返信

    あちきのディスクトップ(吊るしのソーテック)の
    ファンが五月蝿くて・・・・・・
    ファンコンソフトも付いて無いし・・・
    解体して作り直したい今日この頃・・・(笑)

  2. 名前:たけいけた 投稿日:2008/10/11(土) 01:15:08 ID:1af0c069d 返信

    ファンコンはソフトではなくハードウェア制御が大多数だと思いますよ~
    どこのファンが煩いのかはわかりませんが、ケースファンならファンコン付ければいいし、
    CPUファンや電源のファンなら交換必須でしょうね。

    解体してじゃなくて一から作り直しましょうよ(笑)

  3. 名前:mssa 投稿日:2008/10/11(土) 11:17:30 ID:fe3e8457f 返信

    作るにしても
    最近の流行と値段がね~
    まずはその辺からお勉強ですね~

    それに最近は吊るしPCもかな~り
    安いしね~(^ ^;)

  4. 名前:たけいけた 投稿日:2008/10/11(土) 14:10:44 ID:1af0c069d 返信

    IntelのQ9550あたりで作っておくとしばらくは幸せかもしれませんね。

    どうしても使いたいパーツがあるわけじゃないなら、
    ショップブランドPCが一番お得な気がします。
    はい。

コメントを残す