ありがとう

桜が散り始めるのと時を同じくして、ローザが旅立ってしまいました。
外出して戻ってきて栄養剤を飲ませた後、私の腕の中にいたところで急に…

ずっと痛かっただろうし、お腹も減ってただろうし、呼吸をするのすら苦しかっただろうに、最後まで健気に良く頑張りました。
私のところに来てくれた直後から仕事環境が変わってしまって、ローザには寂しい思いを一杯させてしまいました。
飼い主としてしてあげられなかった、気づいてあげられなかったことも多く、非常に申し訳ない気持ちで一杯です。
いつかは必ず訪れる死という現実ですが、こんなに早く訪れてしまうとは…

ローザが私のところに来てから、プライベートはほぼ全てがローザと一緒でした。
休みの日に出かけるのは、平日は寂しい思いをさせてしまっているローザと一緒に行動できること、ローザと一緒に楽しめることが一番の目的でした。
ローザがいることで行動が制限されることや諦めたことも沢山ありましたが、そんなことは私の中では大した問題ではなく、一緒にいられることが一番大事なことでした。
出張を早く切り上げて家に帰らなければならないことも、ローザの為に深夜早朝に行動しなければならなかったことも、全く苦ではありませんでした。
自宅のトイレから2,000m級の山まで、私が行くところは仕事以外、基本的にいつもローザと一緒でした。
その当たり前なことが、これからは無くなってしまうという事実がまだ理解できていません。

ローザ、今までたくさんの寂しい思いや辛い思いをさせてしまって本当にごめんなさい。
そしてありがとう…

待っててね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

hello